読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161110 あなたのナラとわたしのNARA

先日に、くまモン生みの親として有名な水野学さんのトークイベントへ。

 

f:id:y_kaneko1992:20161110223030j:image

写真はトークイベントの特典、花ふきんと、明治チョコ×中川政七商店ラベルの板チョコ。柿(奈良・田原地区産)はおまけ。

 

最後に質問タイムがあり、その時に恐る恐る手を挙げ、質問をした。
最近で一番緊張した!いや、それはどうでもいいことで、本題は、その質問への水野さんの回答の中で挙がった話題と、それに対する知り合いの感想が興味深かったので記録しておこう…ということ。

 

ちなみに、トークイベントは奈良の「中川政七商店」300周年の記念で。
水野さんはそこの様々なもののデザインやプロデュースを手掛けている。

1時間という時間だったので、ふわっと、ぐっと、トントンと、笑いが起こりながら軽快に、あっという間に終わったように感じた。(楽しかった。)


さて、水野さんの回答の中で挙がった話題だけれど、
「僕は、あの商店街を1つ抜けたところにあるお餅屋さん、中谷堂、好きですよ。」
というもの。

東向き商店街と餅飯殿商店街の間にある中谷堂、たまにテレビに出演されているね。高速餅つきで。


そんな水野さんに対して知り合いの感想は、
「水野さんはとてもステキな方だけれど、やっぱりまだあんまり奈良のことは知らないわねぇ。(軽いカンジで)」

続けて、他にも良いお餅屋さんも…云々とも言っていた気がする。軽いカンジでね。水野さんを否定しているわけではない。

 

文字だとどうしてもニュアンスが伝わりにくいけれど、なんとなく、これは"地元民の"感想という印象だった。

 

奈良の、イイモノをイイカンジにヨク見せようと思考を巡らせている水野さんの言葉に対する感想としては、なんとなく腑に落ちなかった。

 

水野さんは、おそらく地元民の立場で奈良を考えることもあるだろうし、外の人間の立場で考えることもあるだろうと思う。

だから、地元民の考えとすれ違うこともあると思う。

 

わたしは地元民ではないし元々は外の人間で、でも奈良で暮らしていて、それで奈良でフツーの暮らしをしたいわけではないので「わたしの立場から見る奈良」や「わたしが思う奈良」を考える良いきっかけだった。

 

ある意味、宙ぶらりんな立ち位置でわたしは、奈良で、どんな奈良を、発見できるだろうね。